header

ペットにかかる医療費はいくら?

ペットには人間のように健康保険制度はありません。 そのため、かかった医療費は自費で、すべてが飼い主の負担ということになります。

ずっと元気に暮らしていければ良いのですが、けがや病気にかかってしまうなんてことになると医療費がかなりの高額になるということも承知しておかなければなりません。

では実際にペットの医療費がどのくらいかかるのかを、飼っている家庭が多いワンちゃんについて見ていきたいと思います。 毎年かかる予防接種費用 犬を飼っていてかかる費用は、ごはんやおやつ、消耗品などだけではありません。

毎年の予防接種もそのひとつです。 狂犬病予防接種、混合ワクチン、フィラリア予防薬、ノミダニ予防薬は、愛犬が健康に過ごしていくためにとても大切です。

これらの費用は通っている動物病院、小型犬か大型犬かによってまちまちですがだいたい以下のような金額が必要です。

狂犬病予防接種 3,500円程度

混合ワクチン接種 8,000円程度

フィラリア予防薬 12,000円程度

ノミダニ予防薬 15,000円程度

合計 38,500円程度

飼い始めには、去勢・避妊手術の費用も30,000〜50,000円程必要になりますし、年に1回健康診断を受させる飼い主の方もいます。

そう考えると病気やけがをしない健康なペットでも結構な額の医療費がかかりますね。 病気やけがの治療費 それでは、病気になったり、けがをしてしまったときの医療費はどのくらいかかるのでしょうか?

動物病院にかかるときの目安

初診料 1,500円程度

再診料 500円程度

尿検査 1,000円程度

糞便検査 1,000円程度

レントゲン 4,000円程度

血液検査 3,000円程度

入院料 4,000円程度

病気やけがの状態を調べるために検査をして薬を処方してもらっただけでも1万円前後は必要でしょう。

薬では治らないとなれば、手術ということになります。そうなると精密検査をしたり入院料も上乗せされてきますので数十万円になることも稀ではありません。

あくまで参考程度にはなりますが、知り合いや私の家族が実際に支払った治療費の例を書き出してみます。 骨折 約20万円 誤飲 約12万円 ヘルニア 約25万円 歯周病 約4万円 周りにはいませんが、100万円を超える医療費を請求されたようなケースもあると聞きます。

人間の医療と同じようにペット医療も発展していますので、昔は治らないと言われて諦めていたような病気やけがでも、飼い主が望めば治療してもらえるようになってきています。

高度な治療を受けるとなれば、麻酔をして、CTやMRIなどの機器を使って検査、手術して・・こうなると100万円を超えてしまうというわけなのです。 高額な医療費を払ってでも治してあげたいというのが飼い主の思いではありますが、どうやって医療費に対応するのか、また、ペット自身の負担も考えた上で、どこまでの治療を望むのかを元気なうちにも話しておくことが大切ではないでしょうか。

ページ上に戻る

メニュー